Powered by Ayapon RSS! オススメ キャッシング アフィリエイト

アメリカ映画 MOVIE BEST
2011年01月15日

オスカー有力視のコリン・ファース、ハリウッドの殿堂入り



映画『英国王のスピーチ(The King's Speech)』で今年のアカデミー賞(Academy Awards)主演男優賞の受賞が予想される俳優コリン・ファース(Colin Firth、50)がハリウッドの殿堂「ハリウッド・ウォーク・オブ・フェーム(Hollywood Walk of Fame)」入りを果たし、13日に記念式典が開催された。

 ファースは同作品で吃音(きつおん)症に悩む英国王ジョージ6世(George VI)を熱演し、今週末に発表されるゴールデン・グローブ(Golden Globe)賞でも主演男優賞が期待されている。

 写真は、式典に出席したファース(2011年1月13日撮影)。(c)AFP/Robyn Beck

posted by USA MOVIE 野郎 at 06:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2011年01月13日

ジェームズ・ボンドが戻ってくる、シリーズ最新作の製作が決定



米国の名門映画会社メトロ・ゴールドウィン・メイヤー(Metro-Goldwyn-Mayer、MGM)の経営難を受け、製作が無期限延期とされていた「007」シリーズ最新作が、2012年11月に公開されることになった。MGMと同シリーズの製作に携わるイオン・プロダクション(EON Productions)が11日、発表した。

 経営難に陥ったMGMは売却先を探す中、2010年4月に同作品の製作の無期限延期を決定。10月にはスパイグラス・エンターテインメント(Spyglass Entertainment)の支援を受けた再建計画を債権者側が承認したと発表し、11月に米連邦破産法適用の申請を行っていた。

 シリーズ23作目、ダニエル・クレイグ(Daniel Craig)のジェームズ・ボンド(James Bond)としては3本目となる本作は、今年中に撮影を開始し、12年11月に公開される。監督はサム・メンデス(Sam Mendes)、脚本はこれまで同シリーズを手がけてきたニール・パーヴィス(Neal Purvis)、ロバート・ウェイド(Robert Wade)に加え、『ラスト サムライ(Last Samurai)』などのジョン・ローガン(John Logan)が執筆する。

 吠えるライオンのトレードマークで有名なMGMは、「007」シリーズや、「ピンクパンサー(Pink Panther)」、「ロッキー(Rocky)」シリーズ、『オズの魔法使い(The Wizard of Oz)』、『雨に唄えば(Singin' in the Rain)』などの4000本を超える人気作品を保有している。(c)AFP

posted by USA MOVIE 野郎 at 17:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年12月19日

デップにジョリー、ブラピも登場 映画『ツーリスト』のプレミア上映



スペインのマドリード(Madrid)にある「パラシオ・デ・デポルテス(Palacio de Deportes)」で16日、映画『ツーリスト(The Tourist)』のプレミア上映会が開かれ、主演の米俳優アンジェリーナ・ジョリー(Angelina Jolie)やジョニー・デップ(Johnny Depp)ほか、ブラッド・ピット(Brad Pitt)、監督のフロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク(Florian Henckel Von Donnersmarck)氏らが登場した。

写真はプレミア上映に登場したアンジェリーナ・ジョリー(2010年12月16日撮影)。(c)AFP/PIERRE-PHILIPPE MARCOU

posted by USA MOVIE 野郎 at 02:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年12月12日

エル・ファニングのドレスに注目、コッポラ最新作『サムウェア』上映会



米ハリウッド(Hollywood)で7日、ソフィア・コッポラ(Sofia Coppola)監督の最新作『サムウェア(Somewhere)』のプレミア上映会が開催され、主演女優のエル・ファニング(Elle Fanning)が出席した。

 エルは全身「ヴァレンティノ(Valentino)」でドレスアップ。ウエスト部分にビッグサイズのリボンがあしらわれたブラックのロングスリーブドレスに、クリスタル刺繍のリボンミュールをコーディネートした。(c)Daily Front Row/MODE PRESS

posted by USA MOVIE 野郎 at 12:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年12月09日

ミシェル・ヨー、映画でスー・チーさん役に


先月、約7年半ぶりに自宅軟禁を解除されたミャンマーの民主化運動指導者アウン・サン・スー・チー(Aung San Suu Kyi)さん(65)の半生を描いた映画で、マレーシア出身の女優ミシェル・ヨー(Michelle Yeoh、48)がスー・チーさんを演じることになった。既に撮影が行われているタイの地元メディアが8日、報じた。

 スー・チーさんの広報担当者によれば、ヨーさんは6日、ミャンマー・ヤンゴン(Yangon)にあるスー・チーさん宅を訪問したという。

 映画のタイトルは『Dans La Lumiere(光の中へ)』。『レオン(Leon)』や『フィフス・エレメント(The Fifth Element)』で知られるフランス人映画監督リュック・ベッソン(Luc Besson)がメガホンを取る。

 ミス・マレーシア(Miss Malaysia)にも選ばれたことのあるヨーは、1997年の『007/トゥモロー・ネバー・ダイ(Tomorrow Never Dies)』でボンドガールを演じて世界的に有名になった。その後は『グリーン・デスティニー(Crouching Tiger, Hidden Dragon)』や『SAYURI(Memoirs of a Geisha)』などに出演している。(c)AFP

posted by USA MOVIE 野郎 at 16:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ビンテージ雑貨, ステッカー, マグカップ, ブログパーツ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。