Powered by Ayapon RSS! オススメ キャッシング アフィリエイト

アメリカ映画 MOVIE BEST
2009年10月06日

【トイ・ストーリー】おもちゃたちの冒険と友情を描いた、世界初の全編フルCGの長編アニメ映画【アメリカ映画】

トイ・ストーリー(Toy Story)

原題 : Toy Story
製作年 : 1995年
製作国 : アメリカ
配給 : ブエナ ビスタ インターナショナル ジャパン



おもちゃたちの冒険と友情を描いた、世界初の全編フルCGの長編アニメ映画。
ピクサー社による驚異の映像が見どころ。
監督は、これが初長編となるディズニー・スタジオ出身のジョン・ラセッターで、88年にアカデミー賞を受賞した短編CGアニメ『ティン・トイ』(日本未公開)を発展させたもの。
製作はピクサーのラルフ・グッゲンハイムと「靴をなくした天使」のボニー・アーノルドの共同。
エグゼクティヴ・プロデューサーはエドウィン・キャットマルと、ピクサーのスティーヴン・ジョブス。
脚本はジョス・ウェドン、アンドリュー・スタントン、ジョエル・コーエン、アレック・ソコロウの共同。
作画監督はピート・ドクター、美術はディズニー作品「グリーン・ガリー 最後の熱帯密林」(日本では特別上映のみ)のラフ・シングルトン、音楽と主題歌・挿入歌は「ザ・ペーパー」のランディ・ニューマンが担当。
声の出演は「フォレスト・ガンプ 一期一会」のトム・ハンクス、「サンタクローズ」のティム・アレンほか。
日本語吹替版も同時公開され、唐沢寿明、所ジョージの声の出演も話題に。
字幕・吹替版ともダイヤモンド★ユカイの主題歌『君はともだち』がエンド・クレジットに使用された。

■ストーリー
ウッディ(声/トム・ハンクス)は昔ながらの木製のカウボーイ人形。
持ち主のアンディ少年に愛され、おもちゃの仲間たちとゴキゲンな毎日を送っていた。
ところがある日突然、最新式のアクション人形バズ・ライトイヤー(声/ティム・アレン)がやってきたから、さぁ大変。
あっと言う間に、アンディのお気に入りの座を奪われてしまった。
おまけにバズは、自分のことを銀河の平和を守る本物のスペース・レンジャーだと思い込んでいるから話もかみ合わない。
そんな二人が、うっかり家の外に飛び出してしまった。
運の悪いことに隣家の悪ガキ、シドに捕まってしまい、彼らの命は風前の灯火。
アンディ一家の引っ越しが迫っており、いがみ合いをやめて力を合わせなければ、二度と彼に会えなくなってしまう。
さらにバズは自分がおもちゃであることを知り、すっかり意気消沈。
ウッディはシドの犠牲となったおもちゃたちの力を借り、シドをやっつけると脱出に成功。
やっと友情が芽生えたバズと協力して、出発したアンディ一家の自動車を猛スピードで追いかけると、間一髪で滑り込んだ。

トイ・ストーリー(Toy Story)予告編

posted by USA MOVIE 野郎 at 11:51 | Comment(0) | 1995年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2009年08月10日

確立10%以下!?宇宙からの奇跡の生還物語【アポロ13】【アメリカ映画】

アポロ13(APOLLO 13)
月へ向けて打ち上げられたアポロ13号に爆発事故が発生!
絶望的な状況の中、3人の乗組員の救出作戦が展開される・・・。
監督はヒットメーカーのロン・ハワード!トム・ハンクスら豪華キャストを擁し知力を尽くした救出活動と限られた時間との戦いを、スリリングに描く!



■ストーリー
アポロ11号、12号が無事月に着陸した。
ベテラン宇宙飛行士のジム(トム・ハンクス)は14号に乗る予定だったが、計画自体が政治家や国民から飽きられて来ていた。
13号のクルーが病気になり、急遽ジムのチームが13号を任される。
だが着陸船操縦士ケン(ゲイリー・シニーズ)は風疹の疑いで降板させられ、ジムとフレッド(ビル・パクストン)は断腸の思いで代替要員のジャック(ケヴィン・ベーコン)を受入れる。
そして70年 4月11日、アポロ13号は出発した。
ジムたちは恒例のテレビ中継にサービス満点で出演するが、全国ネットがどれも彼らを無視しているとは知る由もなかった。
中継の直後、ジャックが酸素タンクの攪拌スイッチを押すと、突然爆発が起こった。
酸素が流出して燃料電池の出力も低下してゆく。
研究者たちの予測は絶望的だが、フライトディレクターのジーン(エド・ハリス)は絶対に彼らを生還させると決意する。
船上の回路で使用できる電流はわずか20アンペア。
地上ではケンがこの電力内でいかに船をコントロールできるかシュミレーションに没頭する。
三人が二人乗りの着陸船に退避したため、二人分の二酸化炭素処理能力しかない着陸船の限界を越えてしまった。
だが技術者たちはありあわせの道具で新しい空気フィルターを製作、その作り方を打電して危機を回避する。
アポロの危機に、マスコミは掌を返したように注目し始める。
アポロではフレッドが高熱を出す。それでも三人は希望を失わない。地球圏への突入角度を手動で調整するという難関も、地球を目標にするという機転で切り抜けることができた。
だがそれでも角度が不完全で、爆発時のダメージも心配される。
地上の人々が見守るなか、三人を乗せた司令船は大気圏に突入。
応答のないまま時間が過ぎる。
そして太平洋上にアポロの着水パラシュートが開いた。



posted by USA MOVIE 野郎 at 19:06 | Comment(0) | 1995年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ビンテージ雑貨, ステッカー, マグカップ, ブログパーツ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。