Powered by Ayapon RSS! オススメ キャッシング アフィリエイト

アメリカ映画 MOVIE BEST
2009年10月21日

【リーサル・ウェポン】メル・ギブソン主演、ハチャメチャコンビの痛快アクション!【アメリカ映画】

リーサル・ウェポン(Lethal Weapon)


妻の死により自暴自棄になった警官リッグスとコンビを組むことになったベテラン刑事マートフ。
性格も考え方も180度違う2人の絶妙なコンビネーションと掛け合いが魅力的なアクションムービー!!
メル・ギブソン、ダニー・グローバーほか出演。

原題 : Lethal Weapon
製作年 : 1987年
製作国 : アメリカ
配給 : ワーナー映画配給

■キャスト - リーサル・ウェポン
 Mel Gibson メル・ギブソン (Martin Riggs)
 Danny Glover ダニー・グローヴァー (Roger Murtaugh)
 Gary Busey ゲイリー・ビジー (Joshua)
 Mitchell Ryan ミッチェル・ライアン (The General)
 Tom Atkins トム・アトキンス (Michael Hunsaker)

■監督
Richard Donner リチャード・ドナー

■ストーリー
LA。
高層アパートから娼婦(ジャッキー・スワンソン)が飛び降り自殺をする。
50歳の誕生日を妻トリッシュ(ダーレン・ラヴ)、娘リアン(トレーシー・ウルフ)らに祝福されて家を出た黒人刑事ロジャー・マートフ(ダニー・グローヴァー)が捜査に当たる。
被害者アマンダが戦友の銀行家マイケル(トム・アトキンス)の娘と知り暗然とした気持ちになるロジャー。
署につき、新しい相棒が、自殺志望で麻薬課から移ってきたマーティン・リッグス(メル・ギブソン)と知り、ますます沈む。
マーティンは妻を交通事故で亡くし、毎朝目覚めると拳銃を顔に向けるのだった。
屋上から自殺志望者とともに下の緩衝マットに飛び降りて、またロジャーを嘆かせた。
アマンダのパトロン宅を訪ねて、銃撃戦を展開。
夜、ロジャーはマーティンを家へ招き、2人は胸襟を開きあう。
ロジャーはマイケルを問い詰め、ヴェトナム戦争当時の特殊部隊の一部がその後、将軍(ミッチェル・ライアン)指揮のもとに大掛りなヘロイン密輸を行ない、マイケルの銀行を隠れ蓑にしていたことを聞き出すが、将軍の手下のジョシュア(ゲイリー・ビジー)がヘリで襲来してマイケルを射殺してしまう。
その後、マーティンはジョシュアに生命を狙われ、危うく助かるが。。。

リーサル・ウェポン(Lethal Weapon)予告編

posted by USA MOVIE 野郎 at 06:19 | Comment(0) | 1987年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【恋しくて】ボーイッシュで男勝りな女の子の切ないラブストーリー【アメリカ映画】

恋しくて(Some kind of Wonderful)


ボーイッシュで男勝りだが恋に臆病な女の子の愛を描いた青春恋愛映画!!
ショートカットで悪ガキ達からも一目置かれるような女の子を主演のメアリー・スチュアート・マスターソンが好演しているのが見どころ!

原題 : Some kind of Wonderful
製作年 : 1987年
製作国 : アメリカ
配給 : パラマウント=UIP配給

■キャスト(役名) - 恋しくて
・Eric Stoltz エリック・ストルツ (Keith Nelson)
・Mary Stuart Masterson メアリー・スチュアート・マスターソン (Watts)
・Lea Thompson リー・トンプソン (Amanda Jones)
・Craig Sheffer クレイグ・シェファー (Hardy Jenns)
・John Ashton ジョン・アシュトン (Cliff Nelson)

■監督: ハワード・ドイッチ

■ストーリー
女だてらに男言葉を使って、ドラムをたたくワッツ(メアリー・スチュアート・マスターソン)の意中の人は、幼なじみのキース(エリック・ストルツ)。
彼は物静かな、おだやかな性格の人間だが、ハイスクールのマドンナ、アマンダ(リー・トンプソン)に夢中でワッツに恋の相談を持ちかける。
アマンダのステディは、金持ちのドラ息子ハーディ(クレイグ・シェーファー)で、このプレイボーイにキースが勝つわけがない。
キースはバイトで家計を助けていたが、彼の父(ジョン・アシュトン)は、その金を大学進学資金に貯えていた。
ハーディにからかわれ、態度の悪いスキンヘッド(エリアス・コティーズ)ともうまくやるキースは、ついにアマンダをデートに誘う。
彼女をとられて面白くないハーディは、みんなを自宅にまねいてパーティをひらく計画をたてるのだが。。。

恋しくて(Some kind of Wonderful)予告編


【恋しくて】オープニングシーン


posted by USA MOVIE 野郎 at 05:51 | Comment(0) | 1987年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2009年08月10日

人気TVシリーズを映画化した超大作【アンタッチャブル】【アメリカ映画】

アンタッチャブル(THE UNTOUCHABLES)
禁酒法下のシカゴを舞台に展開する財務省特別捜査官エリオット・ネス率いるチーム“アンタッチャブル”と暗黒街の帝王アル・カポネの戦いを描く、往年の名作TVシリーズを映画化したパラマウント映画75周年記念作品。
デ・パルマ監督の華麗な映像テクニックと共にケビン・コスナーの魅力がブレイク、「『ゴッドファーザー』以来のギャング映画の名作」と絶賛された大ヒット作。



■ストーリー

1930年、9月。エリオット・ネス(ケヴィン・コスナー)が、財務省から、ここシカゴに特別調査官として派遣されてきた。
禁酒法下のシカゴでは密造酒ともぐり酒場は実に10億ドル市場といわれ、ギャングたちの縄張り争いは次第にエスカレートし、マシンガンや手榴弾が市民の生活を脅やかしていた。
中でもアル・カポネ(ロバート・デ・ニーロ)のやり方はすさまじく、シカゴのボスとして君臨していた。
カポネ逮捕の使命感に燃えるネスは、しかし警察の上層部にも通じているカポネがそう簡単には手に落ちないことを実感する。
彼には部下が必要だった。
そんな彼に、初老の警官ジミー・マローン(ショーン・コネリー)が協力することになる。
多くの修羅場をくぐってきたマローンから、ネスは多くのことを学んだ。
家族を愛するネスにとって、独身の仲間は好もしかった。
家族を危険にさらされるのはネスには耐えられないことだ。
やがて、警察学校からの優秀な若者ジョージ・ストーン(アンディ・ガルシア)がスカウトされてやってくる。
さらに本省からは、ネスの部下としてオスカー・ウォレス(チャールズ・マーティン・スミス)が派遣されてくる。
巨大なシンジケートをかかえるカポネと、ネスら4人との対決が始まった。
最初の摘発は郵便局だ。
彼ら4人が散弾銃を片手に摘発し、翌日の新聞では、初めての大量逮捕を大きく取り上げ、彼らは“アンタッチャブル”(手出しのできぬ奴ら)という異名を馳せる。
だが、そのことは、カポネの怒りを買い、カポネの右腕と呼ばれる殺し屋フランク・ニティ(ビリー・ドラゴ)がネスの身辺に現われる。
妻キャサリン(パトリシア・クラークソン)と愛娘の安全を苦慮したネスは家族を直ちに脱出させた。
アンタッチャブルの捜査は続き、ネスは、シンジケートの帳簿を手に入れる。
それこそカポネに致命的なダメージを与える証拠となるものだった。
しかし肝心の部分は判読出来ない暗号になっていた。
彼らの執拗な捜査に怒るカポネはアンタッチャブルを抹殺することを命令する。
告訴の準備が行なわれている間、エレベーターの中でウォレスと証人が殺された。
やがて帳簿係をマローンがつきとめるが、その直後、マローンが殺された。深夜の駅。
ついに証人が現われた。
しかしその直後、激しい銃撃戦が展開され、彼は死んだ。
シカゴ最大の贈賄事件に発展したこの裁判の判決の日。
カポネはなぜか余裕たっぷりだ。
賠審員全員がカポネに買収されていたのだ。
愕然とするネス。
しかし、最後まで彼は諦めない。
ジョージはネスに殺し屋のニティがマローンを殺したのだと告げ、彼の持ち物からその証拠を見つける。
裁判所のらせん階段の上に逃げるニティ。
ついにニティを倒したネスは、さらに裁判長に、買収されている賠審員たちを全員変えることを希望する。
受け入れない裁判長を、うまい口実を使って可能にさせるネス。
怒ったカポネは、そこでネスと真っ向から対決することになる。
ネスはカポネに断言する。
「勝負は最後まで分からない」。
事務所に戻ったネスは、ジョージと共にすべてが終わったことを実感するのだった。

posted by USA MOVIE 野郎 at 18:41 | Comment(0) | 1987年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ビンテージ雑貨, ステッカー, マグカップ, ブログパーツ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。