Powered by Ayapon RSS! オススメ キャッシング アフィリエイト

アメリカ映画 MOVIE BEST
2009年09月03日

【イージー・ライダー】広大なアメリカの大地を走り抜けるロードムービー!!【アメリカ映画】

ハーレーダビッドソンが好きな方には特におすすめな映画!!
絶対に見るべき!!

アメリカの真の姿を求め、自由な旅を続けた2人の若者の物語。
監督は俳優出身でこれが第一作のデニス・ホッパー。
脚本は、製作を兼ねたピーター・フォンダとデニス・ホッパー、テリー・サザーンの共作。
撮影はラズロ・コヴァックスが担当。
全編に流れるニューロックを、“ザ・バンド"、“ステッフェンウルフ"、ジミー・ヘンドリックスなどが演じている。
製作総指揮はバート・シュナイダー。
出演はプロデュース第一作に張り切るピーター・フォンダ、「OK牧場の決斗」に出演していた、監督のデニス・ホッパー、ジャック・ニコルソン、アントニオ・メンドザなど。
テクニカラー、スタンダード。
1969年作品。
イージー・ライダー(Easy Rider)


マリファナの密輸で大金を手にしたキャプテン・アメリカ(ピーター・フォンダ)とビリー(デニス・ホッパー)は、大型オートバイを買い、旅に出た。
2人は、自由の国アメリカの幻影を求めて、フロンティア精神の母体、南部をめざし、気ままにオートバイを走らせた。
途中、一人のヒッピー、ジーザス(アントニオ・メンドザ)を同乗させた二人は、彼の案内でヒッピー部落に入っていった。
しかし、部落の住人たちは、行動で自由を表現する2人を拒絶するのだった。
再び旅を続けた彼らは、ラスベガスで警察に留置されてしまった。
それは、許可なしでパレードに参加しただけの理由だった。
そこで知り合った酔いどれ弁護士ジョージ(ジャック・ニコルソン)と意気統合した2人は、彼をつれて謝肉祭を見物すべく、ニューオリンズへオートバイを走らせた。
3人は、マリファナを吸い、野宿をしながら旅を続けた。
そんな3人を、保安官をはじめとする沿道の村人は悪口と殺意をもって迎えた。
彼らを国境から出すまいとする村人はある夜、野宿をしていた3人を襲撃。
キャプテン・アメリカとピリーはかろうじて逃げのびたが、ジョージは惨殺されてしまった。
ジョージを失った2人は謝肉祭にも魅力を感じなくなり、娼婦を連れて墓地に行った。
そこで、アメリカの保守性を呪訴し、自由がカケラも見当たらないことを悲しんだ。
やがて、オートバイで州境にさしかかった彼らに、2人の農夫が乗った1台のトラックが近づいて来た。
何かをわめきながら、1人の農夫が発した突然の銃弾にオートバイごと転倒するビリー。
後を追ったキャプテン・アメリカも、続いて発射された弾丸にオートバイと共に吹っ飛んでしまった。
自由の国アメリカの真の姿を求めた彼らへの、これがファナティックな現実の返答だった。


posted by USA MOVIE 野郎 at 08:26 | Comment(0) | 1969年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2009年07月20日

【明日に向って撃て!】19世紀に実在したアウトローを2人の名優が新感覚ウエスタンとして好演【アメリカ映画】

19世紀に実在したアウトロー、ブッチとサンダンスを2人の名優が新感覚ウエスタンとして好演!

明日に向って撃て!(BUTCH CASSIDY AND THE SUNDANCE KID)



■明日に向って撃て!

鮮烈な軌跡を残した2人のアウトロー。
永遠の輝きを放つアメリカン・ニューシネマの傑作!

<キャスト&スタッフ>
ブッチ・キャシディ…ポール・ニューマン(近藤洋介)
サンダンス・キッド…ロバート・レッドフォード(久富惟晴)
エッタ…キャサリン・ロス(二宮さよ子)

監督:ジョージ・ロイ・ヒル
製作:ジョン・フォアマン
脚色:ウィリアム・ゴールドマン

<ストーリー>
実在したアウトロー、ブッチとサンダンスが銀行強盗を繰り返すなかで夢を追い求めて自由奔放に生き、それ故に時代に取り残されていく様を、「スティング」「ガープの世界」等、名作を作りつづける名匠ジョージ・ロイ・ヒルが時にユーモラスにまたシニカルに描いていく。

ストーリー
1890年代の西部。
家畜泥棒と銀行強盗が稼業の2人組のガンマン、ブッチ・キャシディ(ポール・ニューマン)とサンダンス・キッド(ロバート・レッドフォード)は、同じ盗人仲間のハーベイ・ローガン(テッド・キャシディ)らの誘いにのって、列車強盗を試み、大金をせしめた。
この後ブッチは、銀、錫などの鉱山資源の豊富なボリビアへ行って荒稼ぎしようと、サンダンスを誘う。
そして、スペイン語のできるサンダンスのガール・フレンド、女教師のエッタ(キャサリン・ロス)も交えて、彼らはボリビアへ向かう。
が、ボリビアはブッチの想像とは異なり大変な貧乏国で、2人はたちまち銀行強盗に戻る。
やがて2人はヤンキー泥棒として有名になり、警察も彼らに手ごころを加えた。
2人にとってはこれが不満で、とうとう彼らは足を洗い、錫山のガードマンとなった。
エッタは2人がカタギになったことを喜ぶが、所詮、泥棒稼業が身についた2人、正業を長続きさせることはできないだろうと考えていた。
この不安は的中し、数年後、彼らは鉱山の給料を奪い、再び警官に追われる身となった。
捜索には、ボリビア軍隊までも動員され、2人はあえない最期をとげた。


posted by USA MOVIE 野郎 at 09:44 | Comment(0) | 1969年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ビンテージ雑貨, ステッカー, マグカップ, ブログパーツ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。