Powered by Ayapon RSS! オススメ キャッシング アフィリエイト

アメリカ映画 MOVIE BEST
2009年08月22日

大物ギャングに一泡吹かすチンピラ詐欺師物語【スティング】【アメリカ映画】

スティング(The Sting)

「明日に向かって撃て!」のジョージ・ロイ・ヒル監督が、主演のポール・ニューマン、ロバート・レッドフォードと再び組んだ大ヒット作。
1930年代のシカゴ。
大物ギャングに仲間を殺された若き詐欺師フッカーは、その恨みを晴らすため、賭博師ゴンドーフの助けを借りて一世一代の大バクチを打つ。
二転三転するストーリー展開と小気味よいテンポが魅力の傑作犯罪ドラマ。
アカデミー賞作品賞など、1973年度最多7部門を受賞。



■解説
1930年代の暗黒街のメッカ、シカゴでは血を血で洗うギャング戦争が日常茶飯事のごとく起こっていたが、一方その道のエリートと自認する連中のあいだでは、血なまぐさい暴力沙汰を軽蔑し、頭脳で相手を出し抜くことを粋とする風潮があった。
これは、そのコンマンと呼ばれる詐欺師の物語。
製作総指揮はリチャード・D・ザナックとデイヴィッド・ブラウン、製作はトニー・ビル、マイケル・フィリップスとその妻ジュリア・フィリップス、監督はジョージ・ロイ・ヒル、脚本はデイヴィッド・ウォード、撮影はロバート・サーティース、美術はヘンリー・バムステッドとジェームス・ペイン、編曲はマーヴィン・ハムリッシュ、ピアノ演奏はスコット・ジョプリン、編集はウィリアム・レイノルズが各々担当。
出演はポール・ニューマン、ロバート・レッドフォード、ロバート・シヨウ、チャールズ・ダーニング、レイ・ウォルストン、アイリーン・ブレナン、ハロルド・グールド、ジョン・ヘファーナン、ダナ・エルカー、ジャック・キホーなど。

■あらすじ
1936年。
シカゴに近いジョリエットの下町で道路師と呼ばれる詐欺師3人が通りがかりの男から金を奪った。
これがこの物語の事件の発端である。
数日後、主謀者のルーサーが死体となって見つかった。
仕掛けた男はニューヨークの大親分ロネガンの手下で、賭博の上がりをシカゴに届ける途中、3人組に金を奪われた男だった。
大組織に手を出した当然のむくいとしてルーサーは消されたのだが、組織の手は一味の1人フッカー(ロバート・レッドフォード)にものびていた。
ルーサーの復讐を誓ってフッカーはシカゴのゴンドルフを訪ねた。
だが頼みとするドンドルフは、ギャング同志の争いでFBIから追われ、今では売春宿に幸うじて身を隠している有り様だった。
しかし、親友の死を知ったゴンドルフ(ポール・ニューマン)は、相手がロネガン(ロバート・ショウ)と聞き目を輝かせた。
その日から2人は、ロネガンの身辺を洗い、彼がポーカーと競馬に眼がないこと、近くシカゴを訪れることなどを調べ上げた。
ゴンドルフは急ぎ昔の仲間を集め、シカゴの下町にインチキノミ屋を構えた。
シカゴに向かう列車の車中で、ロネガンはいつもポーカー賭博をやると聞いたゴンドルフは、その仲間入りをし、いかさまでロネガンを大きくへこませた。
しかも、ロネガンのサイフはゴンドルフの情婦にスリ取られていたために負け金を払うことも出来ない始末だった。
翌日、ロネガンの宿にゴンドルフの勝金を取りにきたフッカーは、ゴンドルフのポーカーがイカサマであることを告げ、頭にきたロネガンに負け金の何十倍も稼げる話を持ち込んだ。
それによると、ゴンドルフの経営するノミ屋に電送されてくる競馬の中継は、電報局の局長を組んで2分程遅らせて放送しているので、実際にはすでにゴールしている馬券を買えるから、ゴンドルフを破産させるのは訳がないをいうのだ。
その代償として、ゴンドルフの縄張りを自分にくれというのがフッカーの条件だった。
だが、彼らの活発な動きはFBIの目にとまり始めていた。
フッカーを追うスナイダー(チャールズ・ダーニング)という悪徳警官もうろついている。
ロネガンはフッカーの持ち込んだ話が信用できるのかどうか、あらゆる手を打ってフッカーをためしていた。
そしてついに、50万ドルの大金を注ぎ込むことにしたロネガンは、自らノミ屋に出向いた。
ロネガンが50万ドル注ぎ込んだレースが始まった瞬間、ノミ屋にFBIが踏み込んできた。
ゴンドルフは自分を裏切ったフッカーを射殺し、そして自らもFBIの銃弾に倒れた。
店内は蜂の巣をつついたような大騒ぎになり、ロネガンはFBIに連行された。
だがこれは、FBIまでふくめたすべてがゴンドルフの書いた筋書きだったのだ。
こうしてゴンドルフとフッカーは見事ロネガンを再起不能な状態に陥れた。

posted by USA MOVIE 野郎 at 20:08 | Comment(0) | 1973年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2009年07月18日

アメリカ映画史が誇る青春グラフィティ!【アメリカン・グラフィティ】【アメリカ映画】

ある一夜の出来事が若者たちを震撼させる。


アメリカ映画史が誇る青春グラフィティ。

カリフォルニア北部の小さな地方都市で繰り広げられる若者たちの一夜を描いた、言わずと知れたアメリカ映画史に残る甘酸っぱい青春ムービー!

卒業を前にした青年たちが、自慢のカスタムカーをぶっ飛ばしお気に入りのロックンロールをガンガンにかけながら、金髪美女のガールハントにいそしむ姿は羨ましい限り。
ファッションも文化も憧れのアメリカンスタイルが満載のこの映画、監督は当時の新鋭ジョージ・ルーカスだということにも驚き!!


■アメリカン・グラフィティ 【プレミアム・ベスト・コレクション\1800】 [DVD]

商品の説明
内容紹介
【旅立つべきか、留まるべきか・・・。】
【ジョージ・ルーカスが贈る'60年代ティーンズたちの熱い青春像】

高校を卒業し、翌日には都会の大学へ旅立つことになっているカート(リチャード・ドレイファス)と
スティーブン(ロン・ハワード)は、高校生活最後の夜を思いっきり楽しもうと、いつものたまり場にやってくる。
そこには、仲間のテリー(チャールズ・マーティン・スミス)や、走り屋ジョン・ミルナー(ポール・ル・マット)も
集まってきていた。奨学金をもらい、大人の期待を背負って進学するカートは、大学に行かずこのまま街に
残ろうかと悩み、一方でスティーブは、早く田舎を離れて都会に行き、大学生活をエンジョイしたいと考えていた。
彼らは、それぞれ様々な思いを胸に街へ繰り出していくが、夜が更けていくにつれ、その思いも少しづつ変化していくのだった・・・。
1962年のカルフォルニア北部の街を舞台に、性格も生活も異なる4人の若者が一夜のうちに経験する出来事を
当時のヒットナンバーと共につづる青春群像ドラマ。「スター・ウォーズ」と同じ“人間は変わり続けなければならない”
というテーマを、青春ドラマという形で描き出したのが本作。今や大作・話題作を手がける監督となった、ロン・ハワードのほか
一時期映画界から引退し、大工をしていたハリソン・フォードが、俳優として復帰、出演している。

【映像特典】
■メイキング・オブ・「アメリカン・グラフィティ」(約78分収録)
■オリジナル劇場予告編


内容(「キネマ旬報社」データベースより)
ハリウッドの巨匠、ジョージ・ルーカスが62年のカリフォルニア北部の街を舞台に、性格も生活も異なる4人の若者が一夜のうちに経験する出来事を当時のヒットナンバーと共に描いた青春群像ドラマ。“プレミアム・ベスト・コレクション”。


■1960年代サンフランシスコ郊外の町を舞台にしており、アメリカ人の誰もが持つ高校生時代の体験を映像化した作品。日本での公開は1974年12月。

監督・脚本のジョージ・ルーカスは、処女作『THX 1138』の興行的失敗を受け、自身の高校生活をベースに大衆に受ける映画の制作に着手し大ヒット。低予算で製作されたため「興行的に最も成功した映画」とも言われた。

posted by USA MOVIE 野郎 at 16:56 | Comment(0) | 1973年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ビンテージ雑貨, ステッカー, マグカップ, ブログパーツ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。