Powered by Ayapon RSS! オススメ キャッシング アフィリエイト

アメリカ映画 MOVIE BEST
2011年01月31日

全米監督組合賞、栄冠は『英国王のスピーチ』に


第63回全米監督組合(Directors Guild of America、DGA)賞の授賞式が29日、米カリフォルニア(California)州ロサンゼルス(Los Angeles)で開催され、『英国王のスピーチ(The King's Speech)』のトム・フーパー(Tom Hooper)監督が最高賞を受賞した。

 DGA賞は来月発表されるオスカーの行方を占う重要な映画賞のひとつ。1948年以降、DGA賞の受賞者とアカデミー賞監督賞の受賞者が異なったことは6度しかない。『英国王』はオスカー獲得に向けて新たな勢いを得た。
 
 DGA賞のその他の候補者は、『ソーシャル・ネットワーク(The Social Network)』のデヴィッド・フィンチャー(David Fincher)監督、『ブラック・スワン(Black Swan)』のダーレン・アロノフスキー(Darren Aronofsky)監督、『インセプション(Inception)』のクリストファー・ノーラン(Christopher Nolan)監督、『ザ・ファイター(The Fighter)』のデヴィッド・O・ラッセル(David O. Russell)監督だった。(c)AFP/Michael Thurston

posted by USA MOVIE 野郎 at 11:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2006年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/183314496
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ビンテージ雑貨, ステッカー, マグカップ, ブログパーツ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。