Powered by Ayapon RSS! オススメ キャッシング アフィリエイト

アメリカ映画 MOVIE BEST
2010年11月02日

スコセッシ監督 「『甘い生活』は映画界のターニングポイント」



現在、ローマ(Rome)で開催中の第5回ローマ国際映画祭(Rome Film Festival)で10月30日、フェデリコ・フェリーニ(Federico Fellini)監督作『甘い生活(La Dolce Vita)』(1959年)のデジタルリマスター版が上映された。上映会に出席したマーティン・スコセッシ(Martin Scorsese)監督は、同作品は映画界のターニングポイントとなり、映画製作の決まり事を刷新したと語った。

「私の頭の中では、(映画は)『甘い生活』の前か後かで分かれる。この作品は原則を打ち破った」

 このように語ったスコセッシ監督は、『ベン・ハー(Ben Hur)』や『スパルタカス(Spartacus)』に言及し、『甘い生活』が登場するまでの1950年代は壮大な映画が主流だったと述べた。

『甘い生活』は、マルチェロ・マストロヤンニ(Marcello Mastroianni)演じる記者がローマで過ごした退廃的な1週間を描いている。

 スコセッシ監督は、「ストーリーも筋書きもないが、それでも映画は3時間続く。フェリーニは、はっきりした映画は作らなかった」と述べ、堕落していく姿やラストシーンのその表情などマストロヤンニのキャラクターが最も好きだと話した。

 スコセッシ監督も『タクシードライバー(Taxi Driver)』や『(Goodfellas)』など、米国人の暮らしのダークサイドを辛らつに描いた作品で知られている。(c)AFP

posted by USA MOVIE 野郎 at 13:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ビンテージ雑貨, ステッカー, マグカップ, ブログパーツ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。