Powered by Ayapon RSS! オススメ キャッシング アフィリエイト

アメリカ映画 MOVIE BEST
2012年05月17日

カンヌ国際映画祭、最高賞の歴代受賞作品


第65回カンヌ国際映画祭(Cannes Film Festival)が16日にいよいよ開幕する。1974年まではグランプリと呼ばれ、翌年からパルム・ドール(Palme d'Or)と名付けられた最高賞の歴代受賞作品を振り返ってみよう。

1939年
ナチスのポーランド侵攻によって映画祭は中止。

1946年
以下の作品などを含む11本が最高賞に。
-『無防備都市(Open City)』:ロベルト・ロッセリーニ(Roberto Rossellini)監督
-『Maria Candelaria』エミリオ・フェルナンデス(Emilio Fernandez)監督
-『逢びき(Brief Encounter)』:デヴィッド・リーン(David Lean)監督
-『失われた週末(The Lost Weekend)』:ビリー・ワイルダー(Billy Wilder)監督

1947年
以下の作品などに計6つの賞が与えられた。
-『海の牙(Les Maudits)』:ルネ・クレマン(Rene Clement)監督
-『ジーグフェルド・フォリーズ(Ziegfeld Follies)』:ヴィンセント・ミネリ(Vincente Minnelli)監督
-『ダンボ(Dumbo)』:ウォルト・ディズニー(Walt Disney)

1949年
-『第三の男(The Third Man)』:キャロル・リード(Carol Reed)監督

1951年
-『ミラノの奇蹟(Miracle In Milan)』:ヴィットリオ・デ・シーカ(Vittorio de Sica)監督
-『令嬢ジュリー(Miss Julie)』:アルフ・シェーベルイ(Alf Sjoberg)監督

1952年
-『オーソン・ウェルズの オセロ(Othello)』:オーソン・ウェルズ(Orson Welles)監督
-『2ペンスの希望(Due Soldi di Speranza)』:レナート・カステラーニ(Renato Castellani)監督

1953年
-『恐怖の報酬(The Wages of Fear)』:アンリ・ジョルジュ・クルーゾー(Henri-Georges Clouzot)監督

1954年
-『地獄門(The Gate of Hell)』:衣笠貞之助(Teinosuke Kinugasa)監督

1955年
-『マーティ(Marty)』:デルバート・マン(Delbert Mann)監督

1956年
-『沈黙の世界(Le Monde du Silence)』:ジャック・イヴ・クストー(Jacques-Yves Cousteau)監督/ルイ・マル(Louis Malle)監督

1957年
-『友情ある説得(Friendly Persuasion)』:ウィリアム・ワイラー(William Wyler)監督

1958年
-『鶴は翔んでゆく(The Cranes are Flying)』:ミハイル・カラトーゾフ(Mikhail Kalatoz)監督

1959年
-『黒いオルフェ(Black Orpheus)』:マルセル・カミュ(Marcel Camus)監督

1960年
-『甘い生活(La Dolce Vita)』:フェデリコ・フェリーニ(Federico Fellini)監督

1961年
-『ビリディアナ(Viridiana)』:ルイス・ブニュエル(Luis Bunuel)監督
-『かくも長き不在(The Long Absence)』:アンリ・コルピ(Henri Colpi)監督

1962年
-『サンタ・バルバラの誓い(The Given Word)』:アンセルモ・デュアルテ(Anselmo Duarte)監督

1963年
-『山猫(The Leopard)』:ルキノ・ヴィスコンティ(Luchino Visconti)監督

1964年
-『シェルブールの雨傘(The Umbrellas of Cherbourg)』:ジャック・ドゥミ(Jacques Demy)監督

1965年
-『ナック(The Knack ...and How to Get It)』:リチャード・レスター(Richard Lester)監督

1966年
-『男と女(A Man and A Woman)』:クロード・ルルーシュ(Claude Lelouch)監督
-『蜜がいっぱい(The Birds, the Bees and the Italians)』:ピエトロ・ジェルミ(Pietro Germi)監督

1967年
-『欲望(Blow-Up)』:ミケランジェロ・アントニオーニ(Michelangelo Antonioni)監督

1968年:中止

1969年
-『if もしも‥‥(If)』:リンゼイ・アンダーソン(Lindsay Anderson)監督

1970年
-『M★A★S★H マッシュ(M*A*S*H)』:ロバート・アルトマン(Robert Altman)監督

1971年
-『恋(The Go-Between)』:ジョセフ・ロージー(Joseph Losey)監督

1972年
-『労働者階級は天国に入る(The Working Class Goes to Heaven)』:エリオ・ペトリ(Elio Petri)監督
-『黒い砂漠(The Mattei Affair)』:フランチェスコ・ロージ(Francesco Rosi)監督

1973年
-『スケアクロウ(Scarecrow)』:ジェリー・シャッツバーグ(Jerry Schatzberg)監督
-『The Hireling』:アラン・ブリッジス(Alan Bridges)監督

1974年
-『カンバセーション…盗聴…(The Conversation)』:フランシス・フォード・コッポラ(Francis Ford Coppola)監督

1975年
-『Chronicle of the Years of Fire』:モハメド・ラクダル・ハミナ(Mohammed Lakhdar-Hamina)監督

1976年
-『タクシードライバー(Taxi Driver)』:マーティン・スコセッシ(Martin Scorsese)監督

1977年
-『父/パードレ・パドローネ(Padre Padrone)』:パオロ・タヴィアーニ(Paolo Taviani)監督

1978年
-『木靴の樹(The Tree of Wooden Clogs)』:エルマンノ・オルミ(Ermanno Olmi)監督

1979年
-『地獄の黙示録(Apocalypse Now)』:フランシス・フォード・コッポラ監督
-『ブリキの太鼓(The Tin Drum)』:フォルカー・シュレンドルフ(Volker Schloendorff)監督

1980年
-『影武者(Kagemusha)』:黒澤明(Akira Kurosawa)監督
-『オール・ザット・ジャズ(All That Jazz)』:ボブ・フォッシー(Bob Fosse)監督

1981年
-『鉄の男(Man of Iron)』:アンジェイ・ワイダ(Andrzej Wajda)監督

1982年
-『ミッシング(Missing)』:コンスタンタン・コスタ・ガヴラス(Costa-Gavras)監督
-『路(みち)(Yol)』:ユルマズ・ギュネイ(Yilmaz Guney)監督

1983年
-『楢山節考(The Ballad of Narayama)』:今村昌平(Shohei Imamura)監督

1984年
-『パリ、テキサス(Paris, Texas)』:ヴィム・ヴェンダース(Wim Wenders)監督

1985年
-『パパは、出張中!(When Father Was Away on Business)』:エミール・クストリッツァ(Emir Kusturica)監督

1986年
-『ミッション(The Mission)』:ローランド・ジョフィ(Roland Joffe)監督

1987年
-『悪魔の陽の下に(Under the Sun of Satan)』:モーリス・ピアラ(Maurice Pialat)監督

1988年
-『ペレ(Pelle the Conqueror)』:ビレ・アウグスト(Bille August)監督

1989年
-『セックスと嘘とビデオテープ(Sex, Lies and Videotape)』:スティーヴン・ソダーバーグ(Steven Soderbergh)監督

1990年
-『ワイルド・アット・ハート(Wild At Heart)』:デヴィッド・リンチ(David Lynch)監督

1991年
-『バートン・フィンク(Barton Fink)』:ジョエル・コーエン(Joel Coen)監督/イーサン・コーエン(Ethan Coen)監督

1992年
-『愛の風景(The Best Intentions)』:ビレ・アウグスト(Bille August)監督

1993年
-『さらば、わが愛/覇王別姫(Farewell My Concubine)』:チェン・カイコー(Kaige Chen)監督
-『ピアノ・レッスン(The Piano)』:ジェーン・カンピオン(Jane Campion)監督

1994年
-『パルプ・フィクション(Pulp Fiction)』:クエンティン・タランティーノ(Quentin Tarantino)監督

1995年
-『アンダーグラウンド(Underground)』:エミール・クストリッツァ(Emir Kusturica)監督

1996年
-『秘密と嘘(Secrets & Lies)』:マイク・リー(Mike Leigh)監督

1997年
-『うなぎ(The Eel)』:今村昌平監督
-『桜桃の味(Taste of Cherry)』:アッバス・キアロスタミ(Abbas Kiarostami)監督

1998年
-『永遠と一日(Eternity and a Day)』:テオ・アンゲロプロス(Theo Angelopoulos)監督

1999年
-『ロゼッタ(Rosetta)』:ジャン・ピエール・ダルデンヌ(Jean-Pierre Dardenne)監督/リュック・ダルデンヌ(Luc Dardenne)監督

2000年
-『ダンサー・イン・ザ・ダーク(Dancer in the Dark)』:ラース・フォン・トリアー(Lars Von Trier)監督

2001年
-『息子の部屋(The Son's Room)』:ナンニ・モレッティ(Nanni Moretti)監督

2002年
-『戦場のピアニスト(The Pianist)』:ロマン・ポランスキー(Roman Polanski)監督

2003年
-『エレファント(Elephant)』:ガス・ヴァン・サント(Gus Van Sant)監督

2004年
-『華氏911(Fahrenheit 9/11)』:マイケル・ムーア(Michael Moore)監督

2005年
-『ある子供(The Child)』:ジャン・ピエール・ダルデンヌ監督/リュック・ダルデンヌ監督

2006年
-『麦の穂をゆらす風(The Wind That Shakes The Barley)』:ケン・ローチ(Ken Loach)監督

2007年
-『4ヶ月、3週と2日(4 Months, 3 Weeks and 2 Days)』:クリスティアン・ムンジウ(Cristian Mungui)監督

2008年
-『パリ20区、僕たちのクラス(The Class)』:ローラン・カンテ(Laurent Cantet)監督

2009年
-『白いリボン(The White Ribbon)』:ミヒャエル・ハネケ(Michael Haneke)監督

2010年
-『ブンミおじさんの森(Uncle Boonmee Who Can Recall His Past Lives)』:アピチャッポン・ウィーラセタクン(Apichatpong Weerasethakul)監督

2011年
-『ツリー・オブ・ライフ(The Tree of Life)』:テレンス・マリック(Terrence Malick)監督

posted by USA MOVIE 野郎 at 11:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ビンテージ雑貨, ステッカー, マグカップ, ブログパーツ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。