Powered by Ayapon RSS! オススメ キャッシング アフィリエイト

アメリカ映画 MOVIE BEST
2010年10月29日

ミッション・インポッシブル」第4弾の製作発表会見にトム・クルーズら



映画「ミッション・インポッシブル(Mission: Impossible)」シリーズ第4弾『ミッション・インポッシブル ゴースト・プロトコル(原題、Mission: Impossible Ghost Protocol)』の製作発表会見が28日、アラブ首長国連邦(UAE)ドバイ(Dubai)にある世界一の超高層ビル「ブルジュ・ハリファ(Burj Khalifa)」で行われ、主演のトム・クルーズ(Tom Cruise)らが出席した。

 クルーズは新作について、「MI2、MI3、MI4といったものではなく、これは『ミッション・インポッシブル ゴースト・プロトコル』という作品。このシリーズを作るときに、続編だと考えたことはない」と語り、それぞれの作品を見れば、それぞれの監督らしい映画になっていると思うと述べた。

 パラマウント・ピクチャーズ(Paramount Pictures)によれば、同作品の撮影は現在ドバイで行われており、今後はモスクワ(Moscow)、プラハ(Prague)、バンクーバー(Vancouver)でも撮影し、2011年12月の公開を予定しているという。

 同席したブラッド・バード(Brad Bird)監督は、会見場となったブルジュ・ハリファも撮影場所になっていることを明かした。

 会見にはそのほか、共演者のジェレミー・レナー(Jeremy Renner)、ポーラ・パットン(Paula Patton)、プロデューサーのジェフリー・チャーノフ(Jeffrey Chernov)、ブライアン・バーク(Bryan Burk)も出席した。(c)AFP/W.G. Dunlop
posted by USA MOVIE 野郎 at 12:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

映画『アバター』、続編2本製作へ



映画監督ジェームズ・キャメロン(James Cameron)が、映画『アバター(Avatar)』の続編を2本、手がけることになった。エンターテインメント情報誌バラエティ(Variety)が27日、報じた。

 20世紀フォックス(20th Century Fox)の幹部は、続編製作に関しキャメロン監督と合意に至ったというこの報道内容を認めた。2011年末に製作をスタートし、第2弾を2014年12月、第3弾を2015年に公開するという。

 2009年12月に公開された『アバター』は『タイタニック(Titanic)』を抜き、世界の興行収入で歴代1位(約2300億円)となっている。(c)AFP

posted by USA MOVIE 野郎 at 12:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『パラノーマル・アクティビティ2』、北米興収で初登場1位



前週末の北米映画興行収入ランキングの中間結果が24日に発表され、日本でも話題となった低予算ホラー『パラノーマル・アクティビティ(Paranormal Activity)』の続編『パラノーマル・アクティビティ2(Paranormal Activity 2)』が初登場1位を獲得した。

 全快1位の『Jackass 3D』は2位にランクダウンした。

 週末の北米映画興行収入トップ10(中間結果)は以下の通り。

1位 『パラノーマル・アクティビティ2』:4150万ドル(約34億円)
2位 『Jackass 3D』:2160万ドル(約18億円)
3位 『RED/レッド(Red)』:1500万ドル(約12億円)
4位 『ヒアアフター(原題、Hereafter)』:1200万ドル(約9億7000万円)
5位 『ソーシャル・ネットワーク(The Social Network)』:730万ドル(約6億円) 
6位 『Secretariat』:690万ドル(約5億6000万円)
7位 『ライフ・アズ・ウィー・ノウ・イット(原題、Life As We Know It)』:610万ドル(約5億円)
8位 『ガフールの伝説(Legend of the Guardians)』:320万ドル(約2億6000万円)
9位 『ザ・タウン(The Town)』:270万ドル(約2億2000万円)
10位 『Easy A』:175万ドル(約1億4000万円)

(c)AFP

posted by USA MOVIE 野郎 at 12:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年10月24日

映画『ホビット』、主役はマーティン・フリーマンに決定



英俳優マーティン・フリーマン(Martin Freeman、39)が、映画『ホビット(原題、The Hobbit)』の主人公ビルボ・バギンズ(Bilbo Baggins)役に決定した。同作で監督を務めるピーター・ジャクソン(Peter Jackson)が22日、明らかにした。

 撮影場所は未定だが、ジャクソン監督は主役を発表できる喜びを語った。

「この役に関しては様々な噂や憶測が流れたが、私たちにとってビルボ・バギンズは1人しかいなかった。この役を演じるために生まれてきたと思える俳優に出会えることはまれだが、マーティンに会ったときはそう思った」

「知的で愉快、驚かされるところもあり、勇敢な彼は、まさにビルボだ」

 英国の人気ドラマ「The Office」で頭角を現したマーティンは、映画では『銀河ヒッチハイク・ガイド(The Hitchhiker's Guide to the Galaxy)』、『ラブ・アクチュアリー(Love Actually)』、『ショーン・オブ・ザ・デッド(Shaun of the Dead)』などに出演している。

「ロード・オブ・ザ・リング(The Lord of the Rings)」シリーズのプリクエル(前章)として2部作で製作される『ホビット』は、16日に正式な撮影許可が下りた。クランクインは来年2月。3Dでの撮影を予定している。(c)AFP

posted by USA MOVIE 野郎 at 12:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年10月07日

新「スーパーマン」の製作決定、監督は『300』のZ・スナイダー



スーパーマン(Superman)が、再びスクリーンに戻ってくる。メガホンを取るザック・スイダー(Zack Snyder)監督が5日、エンターテインメント情報紙バラエティー(Variety)に明かした。

 スナイダー監督は、『300』や『ウォッチメン(The Watchmen)』などの作品を撮り、最近では3Dアニメ『ガフールの伝説(Legend of the Guardians)』も手がけている。

 プロデューサーには、「バットマン(Batman)」シリーズのクリストファー・ノーラン(Christopher Nolan)を迎え、脚本は『バットマン ビギンズ(Batman Begins)』のデヴィッド・S・ゴイヤー(David S. Goyer)が担当する。

「スーパーマン」シリーズの映画は2006年の『スーパーマン・リターンズ(Superman Returns)』以来。ブライアン・シンガー(Bryan Singer)監督がメガホンを取った「リターンズ」は、世界の興行収入が3億9000万ドル(約324億円)で、製作に2億1000万ドル(約175億円)を費やしたワーナー(Warner Bros.)としては期待はずれの結果だった。

 今作の主演は未定で、公開日も決定していないが、バラエティー紙によれば、ワーナーは2012年クリスマスの公開を見込んでいるという。(c)AFP

posted by USA MOVIE 野郎 at 17:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ビンテージ雑貨, ステッカー, マグカップ, ブログパーツ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。