Powered by Ayapon RSS! オススメ キャッシング アフィリエイト

アメリカ映画 MOVIE BEST
2010年07月13日

ユーチューブに投稿された「日常の一コマ」を映画に、R・スコット監督



『グラディエーター(Gladiator)』『テルマ&ルイーズ(Thelma and Louise)』などでアカデミー監督賞を受賞したリドリー・スコット(Ridley Scott)監督が、動画共有サイト「ユーチューブ(YouTube)」上で世界中から日常生活を収めた動画を募り、それをもとにドキュメンタリー映画を制作することになった。ユーチューブは「映画界における歴史的実験」だと評している。

「Life in a Day(ある日の生活)」と題されたこのプロジェクトでは、7月24日の出来事をビデオカメラに収めてユーチューブに投稿してもらう。撮影内容は、日の出や通勤風景、地元サッカーチームの試合といった日常的なものでも、わが子の「立っち」や愛する人の死、結婚式など特別な出来事でもよいという。

 投稿された動画は、『ラストキング・オブ・スコットランド(The Last King of Scotland)』『ブラック・セプテンバー/五輪テロの真実(One Day in September)』などを手がけたケヴィン・マクドナルド(Kevin Macdonald)監督が編集を加え、スコット監督のプロデュースでドキュメンタリー映画にまとめる。

 映画は2011年1月に行われるサンダンス映画祭(Sundance Film Festival)で上映される。採用された動画の撮影者は共同ディレクターとしてクレジットに記載され、うち20人は上映会に招待される。

 動画の投稿先はユーチューブの「Life in a Day」チャンネル(youtube.com/lifeinaday)、締め切りは7月31日。(c)AFP

posted by USA MOVIE 野郎 at 10:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年07月03日

新「スパイダーマン」、英俳優アンドリュー・ガーフィールドに決定



【7月2日 AFP】映画「スパイダーマン(Spider-Man)」シリーズの新しい主役に、あまり有名ではない英国人俳優アンドリュー・ガーフィールド(Andrew Garfield、26)が抜擢された。製作会社ソニー・ピクチャーズ・エンターテインメント(Sony Pictures Entertainment)が1日、発表した。

 ガーフィールドはこれまで、英国のインディーズ作品『BOY A』やテリー・ギリアム(Terry Gilliam)監督作『Dr.パルナサスの鏡(The Imaginarium of Doctor Parnassius)』などに出演。また、今年公開されるフェースブック(Facebook)創設者を描いた作品『The Social Network』には主役級で出演している。

「スパイダーマン」シリーズは2002年に1作目が公開され、これまでの3作の世界での総興行収入は25億ドル(約2200億円)。主人公ピーター・パーカー(Peter Parker)はトビー・マグワイア(Tobey Maguire)が演じてきた。

 しかし、4作目の準備の過程で3作でメガホンを取ったサム・ライミ(Sam Raimi)監督とソニー側が脚本内容で衝突している報道され、その騒動の中、マグワイアはシリーズから降板していた。

 4作目の監督はマーク・ウェブ(Marc Webb)が務める。(c)AFP

posted by USA MOVIE 野郎 at 18:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ビンテージ雑貨, ステッカー, マグカップ, ブログパーツ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。